「杜のひろば」は、「百年の杜づくり」推進のために、仙台市の委託により公益財団法人仙台市公園緑地協会が運営するみどりの情報サイトです。

杜のひろば

  • ホーム
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 緑の施設案内
  • 緑の相談所
  • おゆずり情報
  • 緑化助成・支援
  • リンク

2018年6月 今月の園芸作業

どんよりとした曇り空が続く梅雨の季節がやってきます。日照が少なく湿度の高いこの時期は、多くの植物にとっても不快な季節です。できるだけ風通しよく、蒸れないように管理しましょう。

多湿な時期は病気の発生も多くなります。こまめな見回りで早期発見と防除に努めましょう

庭しごと

ツツジ類の刈り込み 花が終わった順に、サツキ、ツツジの刈り込みができます。夏には来年の花芽ができるので、花がら掃除を兼ねて早めに剪定を済ませ、追肥を行うとよいでしょう。
芝生の除草 シバは高温多湿を好まないので、雑草が伸びると蒸れて病気が発生します。入梅前に丁寧に除草し、シバの刈りかす(サッチ)は取り除いておきましょう。排水用の溝を切り直しておくと効果的です。
球根の掘り上げ クロッカス、チューリップ、スイセンなど春咲き球根は梅雨に入る前に掘り上げ、風通しのよい日陰で乾かしておきます。葉が半分くらい枯れてくるのが、掘り上げ時期の目安です。
病害虫の防除

高温多湿による病害虫の発生が多い時期です。予防のために、混み合った株や枝などは長雨の前に整理し、風通しよく管理します。

毛虫類の発生も盛んになります。早めの防除に努めましょう。

鉢しごと

植え替え・株分け 先月に引き続き、観葉植物や洋ラン、クンシランなど冬越しをした鉢の植え替えができます。植え替え直後は肥料を控え、根の伸びを促します。
梅雨時の挿し木 6月も後半になると湿度が上がり、観葉植物や常緑樹の挿し木繁殖に適した季節になります。下葉を取って1〜2時間水あげした枝を、鹿沼土や赤玉土など雑菌の少ない新しい用土に挿し、日陰で管理します。

ページ最上部へ戻る

前のページへ戻る

公益財団法人 仙台市公園緑地協会 〒983-0842 仙台市宮城野区五輪1-3-35 TEL:022-293-3583 FAX:022-293-3605 Copyright(C) Sendai City Green Association All right reserved